地域リハビリテーション広域支援センター 更新情報

北薩リハフォーラム2010 新たな地域連携の展開

投稿日:2010年4月1日 更新日:

北薩リハフォーラム2016はこちらをご覧ください。

たくさんのご来場ありがとうございました!

今年で3回目を迎えました本研修会ですが、今回より「川薩リハフォーラム」と名称を変更しての開催となります。川薩圏域においては、脳卒中連携パスに加え、大腿骨近位部骨折地域連携パスの活動も始まり、地域において各医療・介護・福祉機関の連携がよりいっそう重要になってまいります。本フォーラムにたくさんのご参加をいただき、地域連携について考える機会としてご活用いただければと思っております。
たくさんのご来場をお待ち申し上げます。


 

日  時:平成22年10月16日(土)

大ホール 受付13:30~  会場14:00~
場  所:薩摩川内市国際交流センター
(鹿児島県薩摩川内市天辰町2211−1)

定  員:400名
参 加 費 :資料代として200円
申  込:10月13日(水)締切

◎同日開催
名刺交換会(軽食・飲物付) ~歓談と情報交換の夕べ~

17:40~18:40
主治医の先生や医療連携担当者(看護師、MSW等)と介護支援専門員との
関係づくり
(顔見知りの関係)や情報交換の場として開催いたします。
場所:2F会議室  参加費:500円
定員:70名(定員に達し次第締め切らせていただきます。)


 

プログラム

◇分科会 13:00~14:40 会場12:30~

○ケアマネジメント部会 会議室A(2階) 定員40名

テーマ「在宅生活に向けた効果的な連携について」
①「急性期病院から始まる地域連携~地域連携パスを通して~」
②「医療と介護の連携について~医療法改正にあたっての取り組み~」
③「在宅生活に向けた効果的な連携について~退院支援を通して効果的な連携を考える~」
④「訪問リハビリテーションの連携について」
⑤「在宅生活に向けた効果的な連携退院時の住環境整備」

○リハビリテーション部会 会議室B(2階) 定員40名

テーマ「チーム連携の多様化に向けて」
①「訪問看護・リハステーションとして他サービスとの連携を考える」
②「大腿骨近位部骨折地域連携パス概要~開始からデータ分析まで~」
③「食事姿勢への介入~フットサポートから足を降ろそう~」
④「摂食・嚥下機能支援チームの取り組み」

講演会(コンベンションホール)
◇第1部

14:45~15:00

○「地域リハビリテーション広域支援センター活動報告」

15:00~16:00

○「療育ネットワークと家族中心主義」

講師:NPO Ryoiku Circle はなはな 代表 前原 利彦氏

◇第2部

16:10~17:30

○「脳卒中診療ネットワークの構築」~医療連携と地域連携パス~

講師:熊本市民病院 神経内科部長 兼 病診連携室長 橋本 洋一郎氏

 


主 催 ・川薩圏域地域リハビリテーション広域支援センター(川内市医師会立市民病院・クオラリハビリテーション病院)
・介護支援専門員協議会川薩支部
・川薩地区脳卒中地域連携パス合同委員会
後 援 ・薩摩川内市 ・鹿児島県リハビリテーション施設協議会
・大腿骨近位部骨折地域連携パス合同委員会
・川内市医師会 ・薩摩郡医師会 ・川内薬剤師会
・いずみ川薩支部認知症グループホーム協議会
・株式会社カクイックスウイング

申込・お問い合わせ先:
川薩圏域地域リハビリテーション広域支援センター講演会事務局(クオラリハビリテーション病院)
TEL:0996-53-1791 FAX:0996-53-1792
担当:能瀬、山下介護支援専門員協議会川薩支部事務局(市比野記念病院)
TEL:0996-38-1200 FAX:0996-38-0715
担当:羽有

 

-地域リハビリテーション広域支援センター, 更新情報

Copyright© クオラリハビリテーション病院 , 2019 AllRights Reserved.