看護部

看護部長あいさつ

看護部長顔写真
自分自身が何をしたいのか”が問われる時代になってきました。そこで、当院では自己教育力(自ら学び自己を成長していく力)を育むための教育支援体制を整え、個人に合わせた成長を支援しています。
また、人を大切にする仕事だからこそ、自分が大切にされていることを職員が実感できるよう、生き生きと働ける職場づくりを目指しています。
やがて訪れる結婚・出産・育児などのライフイベント。でも、みんなが通る道だからこそ理解して支え合える。そんなサポートができる病院だと自負しております。
常にプロとしての誇りを忘れずに、前向きに取り組もうとするあなた!!
一緒に当院を作り上げる仲間に加わりませんか?

副院長・看護部長 谷川 智子 (認定看護管理者)

看護部理念

患者さんの“その人らしく生きる力”を
引き出すパートナーを目指します

看護部方針

  1. 患者さんの持てる力を、多職種によるチームで最大限に高めます。
  2. 患者さんが自立した生活を送れるように、地域・保健・福祉関係者と連携・協働しサポートします。
  3. おもてなしの心で、満足して頂けるケアを提供します。
  4. 専門職としての役割と責任を自覚し、質の高いケアを提供します。
  5. 職員一人一人が大切にされていると感じられる職場作りに努めます。

看護体制

・2交代制
・固定チームナーシング
・看護師配置 10:1(一般病棟)

部門紹介

看護部の各部門を紹介します。

◎一般病棟

急性期から終末期、周手術期・早期リハビリテーションと幅広い看護を展開しています。

入退院件数も多く忙しい病棟ですが、20代から50代までのスタッフ全員で日々奮闘しています。

一般病棟の様子

◎回復期リハビリテーション病棟

脳血管疾患や整形外科疾患などにより身体機能の低下をきたした患者さんに集中的かつ効果的にリハビリテーションを行う病棟。日常生活の中にリハビリテーションを取り入れ、自立した生活を目指して支援しています。

回復期リハ病棟の紹介写真

◎療養病棟

人工呼吸器管理や透析、難病等で日常生活に援助の必要な患者さんが長期に亘って療養する病棟。スタッフの心のこもったケアが自慢です!

◎外来

内科・リハビリテーション科・整形外科・泌尿器科・消化器内科・循環器内科・眼科。患者さん・ご家族の笑顔と健やかな暮らしを支えるために、介護部門等他部門との連携を大切にしながら看護を行なっています。

◎透析

受け持ち看護師が中心となって、ご家族を含めた支援を行っています。透析病性末梢循環障害からくる足病変もケア(予防)するため、フットケアにも積極的に取り組んでいます。

透析室写真

◎手術室・中央材料室

主に整形外科と眼科手術を行っています。

安全かつ安心して手術を受けてもらえるように、手術室内での看護はもちろん、術前・術後訪問等にも力を入れています。

教育システム

看護部自慢の教育システムについてはこちらをご覧ください。

インターンシップ

「進路を決める前に、色々な施設を見学できたら・・・実際に働いている看護師の話を聞いてみたい・・・ 」
そんな想いに応えるためにインターンシップを随時受け付けております。
詳しくはこちらをご覧ください。

投稿日:2017年3月17日 更新日:

Copyright© クオラリハビリテーション病院 , 2018 AllRights Reserved.